つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

IKEAオフィス

IKEAのカフェに無線LAN(平日のみ)が導入されたと聞き、早速行ってみました。せっかく行くのでついでにランチ。スウェーデン料理にしようかと迷いつつ、結局カレー(笑)。普通においしゅうございましたー。

20081107ikea2.jpg20081107ikea.jpg

さて無線LAN,無料で誰でも接続OK!速度もさくさく。丸テーブルに書類投げ出してがっつり仕事してしまいました。この感じ、大学のカフェテリアみたーい。平日だとドリンク無料で飲み放題だし、混んでないし、車で行けるからPC積めるし、これはオフィス代わりに最適!(爆)

そして帰りに思わずお買い物しちゃいましたー。まさにIKEAの思うツボ!?
スポンサーサイト
  1. 2008/11/08(土) 10:51:05|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日本酒のドメーヌ、泉橋酒造@神奈川県海老名

今週27日(土)、参加予定の横浜関内の藍の月で行われる泉橋酒造のメーカーズディナーに先立って、お店でちょこっとお酒を試飲させていただきました。

泉橋は神奈川県の海老名で酒米を育てる日本酒のドメーヌ。トンボのラベルで有名です。以前赤とんぼの新酒を頂いたことがあるのですが、生原酒のためかなりアクの強い印象がありました。でもこの日頂いた「ひやおろし」や山廃の「秋とんぼ」は驚くほどにウマイ!

20080921izumibashi.jpg20080921izumibashi2.jpg

蔵の若旦那さんはかなりストイックでお話好きな方らしく、まずは稲、いや田んぼ作りからお話がはじまるとのこと。酒造りはすなわち米作り。そして真の酒とはその土地で育った米とその土地の水を使い仕込んだもの。。。うんぬん、というお話をアツく語られるそうです。うーむ、酒造りの根本はワインも日本酒も一緒なんですね~。

さらに真の精米歩合を得るために米粒ひとつひとつを立ててしっかり平均的に削れるような機械を導入したり、純米100%の蔵宣言をするために大吟醸を梅酒用にしてしまったり、米の違いを表現するために酵母は一種類しか使わなかったり、か~な~り~面白い!

さらに泉橋のお酒はラベルもかわいい。梅酒はドンペリのパクリ…っぽいですが、ラベルがお米の形になってます。とってもキュートで思わず買いたくなる一品。地産地消をモットーとする泉橋さんなので梅は小田原産。大吟醸仕込みはワインのごとくエレガント、純米仕込みはがつんと力強い一品。梅酒好きとしてはこのデザインの一升瓶を常備したい!

土曜日に若旦那さんにお会いしたら間違いなくファンになっちゃいそうです。あ~楽しみだー!
(まだ若干名空きがあるそうなのでぜひお勧めです!)
  1. 2008/09/22(月) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

大人の社会科見学@キリン横浜ビアビレッジ

あらゆる発酵食品を愛する者としては麦酒のことも学ばなくてはなるまいと、キリン横浜ビアビレッジに行ってきました。こちらは京急生麦にあるキリン横浜ビール工場に併設されている施設。無料で工場見学がうけられます。生麦の駅に降りると町全体に麦の甘い香りが。

20080812kirin.jpg20080812kirin3.jpg

工場見学は見学40分、そして試飲20分。実際に稼動しているビールの製造工程を見学することができます。以前から謎だったホップの役割も判明。フレーバー付けのためだったのね~。発酵前のもろみの試飲もあり…これがマズイ!!思ったより糖度が少なくて後半ニガー。発泡酒のもろみだったそうです。

製造工程は機械化されていて、ほぼ無人。フォークリフトまで無人で動いてるらしいです。そして流れていくビールの量がハンパない!さすが大手!大量生産スゲー!

20080812kirin2.jpg20080812kirin4.jpg

そしてお楽しみの試飲タイム。てっきり小さいプラスティックコップでちょこちょこ試飲するのかと思いきや…なんとしっかりグラスで2杯も飲んでいいんですと!さらにおつまみも付いてきますよ!この日は一番絞り、ラガー、スタウトの3種類が試飲可能。わたしはラガーが一番好きでした。

試飲、というかばっちり飲酒している間、お姉さんが缶ビールを美味しくグラスに注ぐ方法を実演してくれます。20分でビール2杯一気飲みして工場見学終了。予想以上に太っ腹な工場見学に大満足。

同じ敷地内にはBBQハウスとパブがあって、地ビールもいただけます。大人数だったらここになだれ込むこと間違いなしでしょう。

キリンの発祥は横浜山手にあった日本初のビール醸造所、スプリングバレー・ブルワリー。ハマッコなら一度は来るべし!
  1. 2008/08/21(木) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

ご当地ウォーター@関内軍鶏郭茶寮

店長さんからラブコールを受けて、軍鶏郭茶寮に行ってきました。ピザ屋で炭水化物を補給したので、茶寮では生の三浦野菜を補給。あっつい日に昔ながらの味のしっかりした野菜を食べると癒される~。

ワインは限定入荷の2007松原農園ミュラートゥルガウを。香り爽やかでこれまた癒し系。でも思いのほか味わいはしっかり。

20080812water.jpg20080812water2.jpg

そんなこんなであれこれおしゃべりしていると、店長さんがニコニコしながら「最近国産の水にもこだわってみたんですよ♪♪」と水のボトルを持ってきました。一見外国の水っぽいボトルだけど、よくよく見ると「山梨県産、富士山の湧き水を源泉とする天然バナジウム水、ピラティスウォーター」との記述。飲んでみるととても柔らかい印象。

帰ってウェブサイトを調べてみると…「富士山の湧き水を電解層に入れ、電気分解して還元作用のあるイオン水にしています。湧き水をより口当たりの良く飲み易くするための製造工程です。宝石セラミックスに通水し、波動を与えた小さな水分子、世界中で奇蹟の水と呼ばれるフランスピネリー山脈の麓の「ルルドの泉」、メキシコの「トラコテの水」等に近い水です。これらの水は多くの病気を治療する水(奇跡の水)として有名です。」との記載が。

…怪しい…(笑)。

もうひとつ見せてもらったのは国産の天然炭酸水awa心水。こちらは福島県会津地方の天然炭酸冷泉を特殊濾過殺菌したものだそうです。天然の炭酸水とは面白い!今度行ったらコレ飲んでみよー。
  1. 2008/08/20(水) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

シシリヤ@関内

ついに、関内のピザ屋さん、シシリヤに行ってきましたぁ~!!シシリアは横浜界隈では一番アツいと言われるピザ屋。昼に電話しても「夜11時以降なら空いてます」と言われちゃうくらい超人気。

シシリアは夜のみの営業なので、「夜にピザで満席ってどんだけ美味しいわけ!?」と超期待に胸を膨らまして訪問。

20080812cicilia.jpg

店内はコの字にカウンターがあり、その周りに少しテーブルがあるぎゅうぎゅうな雰囲気。来店時には既に満席。皆ビールやワイン片手にわいわい食事を楽しんでいます。

まずはシンプルな水牛のモッツアレラのマルゲリータをオーダー。あと野菜のマリネなどつまみを少々。ピザはハワイアン航空のイカしたTシャツを着た焼き担当の方が黙々と焼き続けています。

20080812cicilia2.jpg

さて登場したピザは…思ったよりも生地がもちもちでボリュームあり。モッツアレラがフレッシュでうまい!トマトソースもグー。しかしものすごくウマイかというと、そこまでの感動は無いかも。

多分このお店の人気の秘密は、イタリアンで気軽にわいわい飲み食いできるってところなんじゃないかな?まったりするというよりもさくっとピザ食べて、ぐびっとお酒飲んで、さくっと帰るイメージ。予約無しでもふらっと来れるくらいの混み具合だといいんだけどなー。お客さんMAXでサービスがパンクしてたのが残念。
  1. 2008/08/19(火) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

自家製小麦のパン屋さん:充麦(みつむぎ)@三崎口

三崎口に自家栽培の小麦と国産小麦を使ったパン屋さんがあるというので行ってきました。134号沿いにある充麦(みつむぎ)さんのお店はとてもシンプル。雑誌のアルネっぽい天然素材コットン100%な雰囲気。麦畑は道を挟んで反対側の方にあるそうです。

20080804mitsumugi.jpg20080804mitsumugi2.jpg

ドライトマトのパン、クルミパン、チーズとベーコンのパン、メロンパンなどなど色々買ってみました。天然系のパンというと歯茎から流血するようなものを想像してたのですが、こちらのパンはしっかり弾力があるけど固すぎず絶妙なバランスの生地。穀物の香ばしい香りがしてとてもシンプル&ナチュラル。素朴で実にうまいっ!一日経っても美味しくいただけました~。

国産小麦のパン、すごくイイです!もっと生産量が増えて、生パスタとかも出来るようになるといいな~。
  1. 2008/08/10(日) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

三浦野菜直売所巡り

夏野菜真っ盛り~ということで、三浦半島の野菜直売所を巡ってきました。三浦半島は東京からも1時間弱で来れちゃう場所にも関わらず、先端の方には電車も走っておらず、超田舎。しかしそのおかげで今でも「ここドコ?」というくらいの自然が残っています。

20080804yokoyasai.jpg

まず向かったのは高梨農場の直売所。三崎口と三浦海岸の間の134沿いにあります。この農家さんはなんと100%直売で売り切るという凄腕の持ち主。12時くらいだとまだまだ沢山野菜がありました。お店には癒し系のおばあちゃんが居て、ニコニコ笑って「美味しいよ~」と言われるとついつい大人買いしてしまいます。

こちらでは昔ながらのごついきゅうりと唐辛子、ミニトマト、とうもろこしと太いナス、そしてスイカをゲット。しめて2100円。安っ!

20080804yokoyasai2.jpg

ここから少し南東にあるのがイイジマ農園。化学肥料はいっさい使わない自然派の農家さん。直売だけでなく、野菜やお花を自分で収穫することもできます。いちごやブルーベリーなどもあるそうです。こちらではトマト、ゴーヤ、細いナス、いろいろ唐辛子詰め合わせをお買い上げ~。

20080804yokoyasai3.jpg

ソレイユの丘
にも売店があるらしいということで、こちらも覗きにいってきました。駐車場のおじさんに売店のみ利用の旨伝えると、30分無料で停められます。いろんな野菜がモリモリ山盛り。茶豆があったのでお買い上げ。

さて家に帰って本日の戦利品を早速仕込み。野菜はシンプルに焼きor生でいってみると…これがウマー!!なすや唐辛子はみずみずしく旨み満点、きゅうりやトマトは皮がしっかりあって歯ごたえ十分、スイカは完熟、とうもろこしは生でもイケル!料理の腕が上達したかのような錯覚に陥ります。

やっぱ素材は大事だな~。また行こう!



  1. 2008/08/09(土) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

割烹蒲焼わかな@関内

平賀源内のキャッチコピーに踊らされて、うなぎを食べに行ってきました。向かったのは関内の割烹蒲焼わかな。横浜では老舗のうなぎ屋さんだそうです。

20080801unagi2.jpg20080801unagi.jpg

お店には同じく平賀源内に騙された人たちでいっぱい!わかなは「注文してから50分くらい待つ」という事前情報を入手していたので、本持参でじっくり待つ。すると30分くらいして入店、オーダーしてからは20分くらいでうなぎが登場しました。繁盛記なので多分事前に焼きまくっているのでしょう。

さて、わかなの定番は重でなくて丼。うなぎも美味しいですが、特筆すべきはなんといっても米!アルデンテに炊き上げられたお米はぷりっと立っていて、後半になっても粒が崩れません。そしてタレの味が絶妙!後半くどくなるうなぎも多い中、こちらの味は実にバランスよく最後まで美味しくいただけます。ご飯は大盛りなので、ライス少な目でちょうどいいかも。

老舗らしい、安心できるお店でした~。

  1. 2008/08/04(月) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

花火をBGMにビール三昧:Craft Beer Bar@関内

横浜の花火大会の日、花火前に一杯ひっかけていこーぜってことでクラフトビアバーに行ってきました。マスターのブログが面白くてなんだかいつも気になってしまうお店なのです。

このところの猛暑でビールは売れ売れ。この日も空コップが大変なことになってました。マスターがんばれ!

20080722craft3.jpg

いつもフレッシュなビールと、来る度に新しい国産地ビールの銘柄が楽しめるのがこのお店の魅力。さらに毎週かわる週末限定メニューもうまい。この日はピリ辛チキン(大)。辛ウマでビールがすすむ~。また通常メニューのフィッシュ&チップス(大)もマスターお手製のタルタルソースがたまりません。イギリス人に食べさせてやりたいぜ!

20080722craft.jpg20080722craft2.jpg

そうこうしてると花火のドンパチがスタート。そろそろ行かねば…いやいやもう一杯。とかなんとかやってるうちに花火おわっちゃったよ…。

まあ行ってたらおにぎり中毒になってたかもしれないので結果オーライってことで。
  1. 2008/07/24(木) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

らあぁめん こもん@横浜石川町

本丸亭、下前商店に並ぶ塩という噂のらーめん屋さん、こもんにいってきました。場所は石川町駅から程近い高速のそば。お店の前に行くとドア全開。ま、まさか…。

店内に入るとまさかの窓全開!この日は折りしも外気温35度。あつい…。でもここまで来たら後には引けない。基本の塩ラーメン+たまごをオーダーしてみました。

20080712ramen2.jpg20080712ramen.jpg

登場したラーメンはスープがほんのり甘く、無理なく飲めちゃうあっさり系。メンマは極太、チャーシューはバラ肉のちょい甘。ひとつひとつの味わいは美味しく、あっさりウマの好きなタイプのはずなのですが後半ちょっと飽きてきました。

というか猛暑の中のラーメン、全身から汗が吹き出てさらに塩味が増しちゃいそうな勢い。後半暑さでボーっとしてきて味もなんだかよくわからず。。。

涼しくなったらまた来てみよう。

  1. 2008/07/14(月) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

清風楼@横浜中華街でチャーハン

シウマイで有名な中華街の清風楼、実はチャーハンも中華街一だという噂を聞き行ってみました。

お昼過ぎの店内はちょうど人がはけた後。二人がけの円卓に案内されました。大ババさまと思われるお姉さまより「土日は追加オーダーが出来ませんので注文は一度にお願いします。」とのこと。ハァ。厨房が追いつかないからかなぁ~?でも店内ガラガラですが…とやや疑問を感じつつもチャーハンと冷やし麺、そしてシウマイをオーダー。

一番小さいチャーハンを頼んだのですが、登場したのはドンブリチャーハン!一人じゃ完食できないぜ!味はパラパラかつお米がプリっとしていてなるほど噂どおりに美味しい。冷やし麺もシウマイもグッド。

20080616seifurou.jpg20080616seifurou2.jpg

しかし…噂には聞いてましたがこの店ではある意味リアルチャイナを体験できます。お店はガラガラなのにあとから来るお客さんは有無を言わさず相席扱い。他の席があいてるのに、なぜか来た順に相席にしていくという謎のシステム。こんなに空いてるのになぜっ!?なぜなのか???しかも4人がけのテーブルにツレとは横並びに座らされます。知らない人と向かい合わせ。気まずい…。さらに大きい荷物を持っていると有無を言わさず没収?されて専用のかばん置き場に持っていかれます。

厨房で料理人をシメル大ババさま、スマイルゼロ、数々のローカルルール、本場中国のごとく物を投げ出すんじゃないかというハラハラドキドキ感、そう、ここは日本ではありません。そうまでしてお店に食べに来る価値はあるかというと、ズバリないでしょう。でも擬似中国体験するにはオススメよ~。
  1. 2008/06/23(月) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

激ウマ!!横浜限定清水屋ケチャップ

20080612simizu.jpg「横浜発祥の超うまいケチャップがある!!」という口コミを聞き、「清水屋ケチャップ」を買ってみました~。こちらは国産ケチャップ第一号である慶応二年に西洋野菜とトマトの加工農業をはじめた清水さんのケチャップの復刻版。トマトやたまねぎはもちろんのこと、調味料や香辛料まで有機素材にて作られています。

パン、ビール、アイス、クリーニングなどなど、ちょっと西洋っぽいものは横浜発祥のものが多いですが、トマトケチャップも同じく横浜発祥なんですね~。

さてお味は…こ、れ、が、尋常でないくらいウマー!!!ケチャップを最大限に楽しむため、フレンチフライを揚げて通常のケチャップとともにいただくと…違い歴然!!清水さんのは酸味と甘みとコクのバランスが絶妙。トマトの果汁を感じられます。比べて食べるとスーパーの安ケチャップはすごく人工的な味…。食べれなくなってしまいました。

300gで750円とお高いので日常用にはちと厳しいですが、これはもらってうれしいこと間違いなし!横浜土産の定番になりそうです。

ゲットしたのは山下公園そばの明治屋。あと横浜のハンズなんかにもあるらしいです。
  1. 2008/06/20(金) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。